韓国女優プロフィール情報3のTOPに戻る
「韓国女優プロフィール情報3」トップ >  ファン・ジョンウム > 韓国女優 ファン・ジョンウム プロフィール


韓国女優 ファン・ジョンウム プロフィール

韓国女優 ファン・ジョンウムのプロフィールです。

ハングル 황정음 


お誕生日 1985/1/25
身長 167cm
体重 48kg
血液型 O型
趣味 音楽、ショッピング
得意 韓国舞踊、カヤ琴

2002年-2004年 グループ Sugar(シュガー)のメンバー

受賞歴
2009年 MBC放送芸能大賞バラエティー部門 コメディーシチェーション部門 女新人賞
2010年 第46回百想芸術大賞TV部門女新人演技賞

出演作品

2007 SBS「愛する人よ」イ・ジョンミン
2007 MBC「冬鳥」

2008 MBC「ラストスキャンダル(私の生涯最高のスキャンダル)」
2008 チャンネルCGV「リトルママ・スキャンダル」ナ・ヘジョン役

2009 MBC「エデンの東」キム・ソジョン役
2009 MBC「明日に向かってハイキック(屋根を突き破ってハイキック)」
2009 映画「Wish, 2009」
2009 映画「The Relation of Face, Mind and Love, 2009」

2010 映画「考査2番目の話 教生実習」
2010 SBS月火ドラマ「ジャイアント」イ・ミジュ役

2011 MBC週末ドラマ「私の心の声が聞こえる」ポン・ウリ役

2012 MBCドラマ「ゴールデンタイム」カン・ジェイン役
2012 SBS PLUS「フルハウスTAKE2」チャン・マノク役

2013 SBSドラマ「金の化身(カネの化身)」ポク・ジェイン役
2013 KBS2ドラマ「秘密」カン・ユジョン役



韓国女優ファン・ジョンウムが演じていた韓国ドラマ「私の心が聞こえるの?」のポン・ウリは母が再婚して家族になったポン・ヨンギュ、ポン・マル、ファン・スングムが大好き。
ですが、せっかく家族になったのに大好きな兄マルが家出してしまったので、兄を必死で探します・・
大人のウリになって、ファン・ジョンウムに変わった当初は、チャ・ドンジュをマルだと思い込んでパーティー会場に強引に侵入しようとしたり、ちょっと無神経キャラだったのが、いらいらしてしまいました。
大人になってこんな無神経、酷いんじゃない??になんて思いながら見ていたものです。
途中から、チャ・ドンジュ、チャン・ジュナ、イ・スンチョルの3人からモテモテだったのが、うらやましかったですよ〜


ここからは2011/7/25に韓国で配信されているファン・ジョンウムのインタビュー記事です。

ファン・ジョンウム  "いつかよくできるの,いつも信じたんです"

誰がファン・ジョンウムの `今`を想像することができただろうか.シュガーで活動する時にはリーダーだったがアユミと人気に選り分けた.`明日に向かってハイキック`に会ったがその人気は `ジャイアント` の演技論難は予想したというひそひそと話すことも入った.しかしファン・ジョンウムはこの憂鬱な状況を誇らしげに乗り越えて最近終映した `私の心が聞こえる?`から演技者として `ロングラン` 可能性を見せてくれた.演技者で人生の航路を変えて現在最高の人気を享受している彼女に会った.

実際ファン・ジョンウムは `私の心が聞こえる?` より `明日に向かってハイキック` の中のファン・ジョンウムにもっと近かった.ドラマが終わっても忙しい日程に疲れる気配も映ったが新人のように元気でエネルギーがあふれた.彼女は新聞を創刊したという消息に "あら,とても祝う事ですね"と言いながら "読者たちも芸能人たちも幸せになることができる良い記事お願い致しますよ"と自分に対して心より祝ってくれた.

◇世の中で一番きれいだった,愛をたっぷり受けた子供

"うちの家族スタイルが良ければ良いと必ずふりをします.末っ子であるうえに今はお亡くなりになったがお婆さんから特に多くの愛を受けました.卒業式の時にも私の花が一番大きくなってなんでも一番であることが多かったんです."

幼年時代のファン・ジョンウムは全家族たちの愛をたっぷり受けて育った子供だった.2男1女の中で目に入れても痛くない末娘だったところに小学校 3年生の時のご両親の共稼ぎで母方に住みながら母方のお父さん,母方のお婆さん愛まで受けた.ファン・ジョンウムが郎らかで上の下関係なしに愛想の良い理由がそういう成長背景にあった.彼女は "むしろあまりにも多い愛を受けて育ったのが問題だった"と "中学校の時まではこの世の中で
私が一番きれいで一番偉いと思った"と笑いながら話した.

実際にファン・ジョンウムの学生時代の人気はすごかった.一日に名刺を五つでももらい `路頭キャスティング`のターゲットだった.どんなにせっぱつまれば今まで人生で最高の全盛期で芸能界デビューの前である中学校時代を指折ろうか.

"中学校の時の人々がしきりにきれいだ,きれいだと言うから本気に世の中で私が一番きれいだと思いました.追って来て電話番号を知らせてくれと言う男子学生たちも多かったがあの時はボーイフレンドに全然関心がなくて無茶な番号を知らせてくれたりしました.勉強はできなかったが話にならなく自信感が過ぎる子供だったです.一節で物心がなかったんです."

◇シュガー デビュー..甘ったるいと思ったが

彼女の自信感に羽をつけてくれる機会が尋ねて来たことは高等学校 2年生の時だった.2002年ガールズグループ シュガーでデビューしたこと.音楽が好きなお父さんの勧誘で小学校 3年生の時から 3年間子供韓国伝統芸術団であるリトルエンジェルで合唱,舞踊
を学んだうえに学校も線画芸術中学校線画芸術高等学校に進学して芸能的才能を育てた.ここに 2年間トレーニングを経って会社のあらゆる期待の中にデビューしたがスポットライトは常にアユミだけ追った.

"芸能人になりながらそしてシュガーで活動しながら人生が甘くないということを初めて分かりました.その前までは私が最高だったがメンバ

ーたちの中で私が一番劣りながらその時に私が不足な人なのを悟ったんです.初めには認め事ができなくていくらつらかったのか….あの時内的にたくさん成長したしたくさん善良になったんです."

ファン・ジョンウムは天性的に性格が楽天的な方なのでシュガー以後では大変な事がなかったと明快に話した.もちろんシュガーでデビューしたおかげさまで自分が今まで来ることができたがそれでも彼女は大変だった時期を隠そうとせず美化しなかった.彼女は率直に隠さずに話したし、そんな点が彼女との対話を愉快に導いた.

◇`前では泣いても後では笑う`..肯定のエネルギー

ファン・ジョンウムはシュガーをやめて演技者に後ろ向きになった.2005年 `ルル姫`に特別出演した後 2007年 `愛する人よ`を通じて本格的に演技者の道を歩き始めた.2009年 `明日に向かってハイキック`のボーイフレンドであるキム・ヨンジュンと `私たち結婚しています`に出演する前まで多くの作品に出演したが何の注目を引くことができなかった.しかし全然心配はなかった.

"演技者として注目されることができなくても私は幸せだったです.周辺に家族もいてボーイフレンドもいったから.熱心に恋愛しながらそれなりに楽しい時間を過ごしたんです.仕事があまり売れなくても心配はしないです.`私はいつかなるつもり`という信頼があったから.演技できなくて酷い目に会って泣いても後ろを向けばぶうぶう言って外に出て楽しいように遊んだんです."

`前では泣いて後では楽しいように遊んだ`と言う話に記者も分からなく笑いが吹き出た.それほど彼女は生まれつきの肯定的マインドの持ち主だ.そういうエネルギーは `明日に向かってハイキック`の出会いをきっかけでたっぷり效果を出した.その效果は 487ウォンの通帳残高を数十億ウォンで置き変えたし、ファン・ジョンウムは `ジャイアント`に `私の心が聞こえる?`まで一作品一作品違うように急成長の中だ.ずいぶん長い間、自分の肯定的マインドに対して話したファン・ジョンウムが一つを付け加えた.

"考えて見れば肯定的なマインドと共に絶え間なく動機を付与することも重要なようです.きれいな服、きれいなかばん見ながら `金儲けして買わなくてはならない`,うちのお婆さん見ながら `金儲けして小遣いたくさん差し上げなくてはならない` 思ったんですよ.そんなマインドと目標が今の私をいるようにしたようです."